2006年06月10日

バージョンアップしたので早速シナリオを…


連続投稿です。蛛賢です。

バージョンアップに際しまして、
条件イベントではないのですが、城設定を加えたシナリオを公開します。
全8部作の予定で、今回公開するのはその1~2部です。

CyberForce_1-2.cab

5f8a71b5.JPGb90d2d35.JPG











※画像は左がオープニング、右がプレイ画面です。クリックで大きくなります。

是非とも、BGMを設定してプレイしてください!

あと、ご感想をお待ちしております。
何だかんだ言って条件シナリオ予定は『因果生起機関』の実装だけですが…。

それでは拙作で宜しければ、どうぞプレイして下さいませ。

EXモードをクリアなさった方、報告して頂けると嬉しいです。


以下、オープニングメッセージ(Cyber1.snr)

---------------------------------------

Scenario Name : CyberForce

Chapter : 1 Sub Title : Overprescription

---------------------------------------

◇Requirement Of Victory◇ (勝利条件)

 ・この地域全ての『Cross-Eye』圏化

◇Difficulty◇ (難易度 S → A ~ E )

 ・NormalMode …E
 ・ExMode … A

◇Back Ground Music◇

 ・Ordinary BGM proving_area.mp3
 ・Battle BGM storm.mp3

...BGM Copyright by Cyber-Rainforce様 (下記参照)
◇Story◇

 磁暦1083年、バーチャル世界機構『Crusty-UO』(以下『UO』)に
現れた、侵食型電磁生体『B9-Friend』(以下『B9』)の存在。
 彼等は構成内の電磁都市を次々と襲撃。
 次々と侵食し、更に圏化(構成システム書換)していき、
都市の『UO』生体を削除していった。

 しかし、それでも機構管理上層部は動かなかった。
 元々、電磁生体には形態保持年数があり、過ぎてしまうことで、
どんなにバグ耐性や補完をしたとしても活動停止を余技なくされてしまう
『寿命』が存在するからだ。
 確認されたところ、『B9』は侵食型ではあるにしろ、
増殖型ではなく、単体数も決まっており、時間の解決を待つこととした。

 考えの甘さを露呈するのにそう時間はかからなかった。
 彼等は、増殖ではなく、圏化した都市上に散らばる情報電質を
再構成することで新たに電磁生体を構成していたのだ。
 更に、彼等は予想形態保持年数をゆうに超える時間、
何事もないかのごとく存在し続けている。…『永久機関』だった。

 気付いた頃には遅かった。侵食は上層部まで及んでいた。
それは、『UO』の崩壊を意味していた。

 『UO』の成立は磁暦83年。千年来に現れた脅威『B9』。
時は磁暦2083年。世界はほぼ全てが『B9』によって侵されていた。
 丁度その頃だった。新たな侵食型電磁生体が確認されたのは。

 彼等は意思があるようで、自らのことを確認し合っていた。
そのコードは『Cross-Eye』。
 『UO』の電磁生体の構成システムとよく似た生体であった。

 彼等は『UO』にとって千年来の『救世主』となるのか、
はたまた『再襲来』となるのか。
 どちらにせよ『UO』はこの『Cross-Eye』に希望を託すのであった。

◇Special Thanks◇

・画像素材 C.o.P:Legend AMARANTH様 http://cpla.vis.ne.jp/
・音楽素材 Cyber-Rainforce様 http://www.geocities.jp/ystomy/

!注意! 素材は著作物です。二次配布はご遠慮願います。

---------------------------------------

CyberForce_1-2.cab


 



at 23:26│雑談:戦国史 | シナリオ更新履歴:CyberForceEdit

Comment



blog comments powered by Disqus