2007年08月02日

ゲームスイッチ(ツクール系)を再現


ツクール系のゲームスイッチって感覚的にオン・オフ分かるので良いですよね。
それを戦国史にも再現してみましょう。

用意するのは変数1個だけです。(例では変数SWITCHを用います)
◇オンの状態
変数SWITCHの中身 = 1

◇オフの状態
変数SWITCHの中身 = -1
とします。
ここでオフの状態が0じゃないのは切替が楽だからです。
切り替えるためには変数SWITCHに-1を掛けます。
変数(SWITCH)に演算式(SWITCH*(-1))を代入
これでオンの状態のときはオフに、オフの時はオンになります。
繰り返しイベントで用いる場合などに用いると良いと思います。

そして後は条件にオンの時(変数SWITCH=1)、オフの時(変数SWITCH=-1)と、
(不等号や、足し合わせるのもアリ)することで分岐に用いられるわけです。

ちなみにこの切替スイッチを使えなくするためには、
変数(SWITCH)に演算式(0)を代入
でOKです。
これで-1を掛けても0のまま。条件もオン・オフに等号の場合は引っ掛かりません。
(注:条件によっては引っ掛かります(変数SWITCH < 1 など))

(追記 2007 8/3)
これを用いることで複雑な条件も1行で表せる。
◇1オン、2オン、3オンの時
条件 SWITCH1 + SWITCH2 + SWITCH3 = 3

◇1と2のオン・オフが逆の時
条件 SWITCH1 + SWITCH2 = 0
又は SWITCH1 = SWITCH2*(-1)

◇1オン、2オフ、3オフ、4オンの時
○ SWITCH1 + (SWITCH2*(-1)) + (SWITCH3*(-1)) + SWITCH4 = 4
× SWITCH1 + SWITCH2 + SWITCH3 + SWITCH4 = 0
 ⇒1オフ、2オン、3オフ、4オンといった場合でも通るので。

 



at 22:57│戦国史コラム:イベント技術集 |Edit

Comment



blog comments powered by Disqus