2007年10月02日

八女・佐賀遠出④


こんばんは。蛛賢です。八女・佐賀遠出物語も4回目です。
城の石階段を延々の登るだけでなく、バリアフリーなエレベータも存在する、
どんな人にも優しい作りの唐津城を見た後は、旅館へ戻ります。

旅館で、「まずは一ッ風呂浴びるか!」と自慢の温泉に入ることに。
「1階がお風呂お風呂っと。…お、コッチか」

ガラッ

温泉が自慢のお風呂の戸を勢い良く開けると、
何ともゴージャスでもなく、エレガントでもない、一般家庭の風呂釜が。
温泉口のような亀裂からお湯は出ているようですが、
広さも3人がやっと。後から来たお年寄りの方々も横で口あんぐり。

さっさと風呂を済ませて、先ほどの方々にお風呂を譲りました。

さあ、飯だ飯。ビールだビール。



うおお、期待通りのイカですよ!おいしそう!
勢い良く食べつつ、他の面前に「コイツ、喰いすぎ!」とばれないように食す私。

なくなったので定番のフライにしてもらいます。
しかしそれでは勿体無いので、
「すみません、イカの耳だけは刺身で、他をフライでお願いします」

よほどの通な発言だったのか、仲居さんは理解できない模様。
2、3説明をして飲み込んでもらえました。

いやはや、このコリコリした耳がたまらないんですよ。(もちろん「イカの」ね)

他にも「イカしゅうまい」「イカ墨そば」のイカづくしや、寿司、刺身…と豪華絢爛。
満足というか完全に満腹以上の状態に。これ以上私のドックに空きはないので、
一部残してしまうという不甲斐なさ。

…畜生、3時頃に「オヤツだから大丈夫」とのんきにバーガー食ったのが悔やまれる。

明日の朝は「呼子朝市」へ出掛けます。
ですのでこの後の二次会的飲みも、そこまで飲まず。
ドラマの最終回見ながら就寝しました。

呼子のイカ最高!
 



at 00:22│日記:遠出物語 |Edit

Comment



blog comments powered by Disqus