2007年11月19日

南阿蘇観光②


本来なら日曜に武道専門学校(略して武専)於:御船町の話題をしようと思ったのですが、
どうもデジカメの接続ケーブルが見つからず、南阿蘇観光の御話の続きを。

水前寺駅が出発点です。しかし駅構内ではメスバトの取り合いが!
(完全にどうでもいい気がする)



キャリーケースに荷物を詰めていた私は、
ハトのフンだらけのトラップに対し、ゴロゴロ転がすことなく、かついで電車へ。

水前寺~肥後大津~立野(ここまでJR)…(こっから南鉄)立野~阿蘇白川

南鉄とは、南阿蘇鉄道株式会社のことです。
途中、日本でもあることで有名な駅を通りました。
運転手さんが「写真撮られるなら待ってますよ~」と明らかに私じゃなくて、
前列に座っていたお美しい女の方に仰ってました。

まぁ、女の人は関係ないのですが、私も便乗して撮りました。



そう、日本一長い駅名の駅なんですね。いや~、素晴らしい(のか?)
「次の駅~」などを表示する電光掲示板にはどんな風に流れるのかなと思ったら。

「次の駅は 白水高原

まぁ、そうだよね。現地の人も白水駅って言ってましたし。
ちなみに白川水源駅の前には「阿蘇下田城ふれあい温泉駅」なる駅が。
構内に温泉が併設されており、外観は天正年間の下田城をイメージしている珍しい駅。
南鉄は名前長けりゃ良いやとでも思っているんでしょうか…(表示は阿蘇下田駅
(南鉄は日本一と日本5位の駅名を持つ、珍しいにもほどがある三セク鉄道)

(画像の下にアスペクタとありますが、ここでカントリーゴールドという、
 アメリカのカントリーミュージックの祭典が毎年行われています。ご存知?)

そして目的地である名水百選に選ばれている白川水源は、まだ先の駅なんですよね。


そうして、長~い駅名の駅では人が降りず、
結局、「阿蘇白川駅」でみんながダーっと降りること降りること。
観光客の皆さんは白川水源目当てなんでしょうねえ。





いやあ、それにしても「白○恋人」を思いついたのは私だけ?
南鉄あんまりお金がないんでしょうね。一番綺麗にしておいた方が良さそうな駅なのに…。

そして、一路歩いて白川水源に向かうのでした。
 



at 23:09│日記:遠出物語 |Edit

Comment



blog comments powered by Disqus