2008年05月09日

十二国記新刊記念ゲームシナリオ①


十二国記の新刊(丕緒の鳥)が出て、もうしばらく経ちましたが、
実は同時期にシナリオを発表する予定だったんです!(言い訳)

一応、このままお蔵入りするのもアレなので、お忙しい浅香さんがご対応頂くまでの間、
「セーブデータ」として体験版を発表致します。(約半年で強制エンディングになります)

8b61a1b1.JPG


変更点は大体以下の通り

・マップのテクスチャ、及び城拠点画像を変更
・イベントを追加
・ゲームクリア条件を加えた展開型シナリオに変更

上記は完成していたのですが、以下のバグが見つかって放置状態に

・メニューから城を選ぶと半透明処理がどんどん濃くなり、最終的に真っ黒に

シナリオデータダウンロード
(このゲームをするためには別途戦国史が必要です)

以下はセーブデータのため、表示されないダイアログです。

◆勝利条件
・慶東国全体の制圧

◆敗北条件
・中嶋陽子、小松尚隆、六太 死亡 or 捕虜
・麦州滅亡
・景麒死亡

◆あらすじ

 どこにでもいる普通の女子高生だった中嶋陽子。そんな彼女の目の前に、
「ケイキ」と名のる謎の青年が現れたことから、物語は始まった――。

 ケイキに連れられたどり着いた異世界。
 陽子はケイキとはぐれ、ここに連れてこられたのか、なぜ妖魔に襲われるのか、
様々な疑問を抱きながら、また蒼猿という幻に、焦燥や疑い、不安を駆り立てられ、
誰も信じられず辛く孤独な旅を続けた。

 やがて楽俊という友に出会い、助けられたことで心癒された陽子は、
同時にこの異世界のことについて知っていく。ケイキが、慶という国の麒麟であること、
また自分がその景麒に選ばれた慶国の王であるということも…。

 陽子は慶国の偽王・舒栄をたて、慶国が自国より富むことを怖れた巧国の王
塙王の真意を知る。

 失道の病にたおれながら、塙王の行いを諌めようとした塙麟の死を
目の当たりにした陽子は、偽王・舒栄から捕われた景麒を奪還することを決意。

 陽子の決断の時が来た。

(原作 : 十二国記~月の影 影の海~ 著・小野不由美)




【追記・2008.5.10】
・作業用に残していた1城を一応公開用なので削除しました。
・十二国記全体マップバージョンのデータを加えてみました。

【追記・2008.5.17】
・拠点が黒くなるバグが改善されました。

あとちょっと思うのですが、大名や城って結構ダミーで使うんですよね。
ダミー分はシナリオ情報で数えて欲しくないなぁって思ったりするんですよね。
これってワガママでしょうけどね^^;

何と言うか、ダミー使っていることさえ気付かせたくない蛛賢なのでした。
 



at 14:14│シナリオ更新履歴:十二国記 | 雑談:十二国記Edit

Comment



blog comments powered by Disqus