2011年09月07日

[ツール妄想]戦国史シナリオをXML化したい


こんばんは(?)、蛛賢です。
戦国史用のツールをもっと作りたい今日この頃ですが、
その前にシナリオをもっと汎用性の高い形式に変換することも重要かなぁと思っています。

そのほうが色々な人にツールを作ってもらえる機会も増えますからね。
いかんせん、戦国史シナリオファイルのテキストファイルに記述してあるデータを、
一つ一つ読み込んでいく機構を、皆さんが皆さん千差万別の方法で読み込んでいくのは時間がもったいないです。

XMLと呼ばれるマークアップ言語に準じた形式に変換してしまえば、
あとはその変換された形式を一定のルールにのっとってインポートすれば
いとも簡単に、戦国史シナリオファイルを用いたツールを作成することができます!(できるはずです!)(できるかな?)

すなわち、
まず、戦国史シナリオファイルを戦国史シナリオXMLファイルに変換する。
XMLファイルを読み込むツールで何かしら加工する。
という翻訳機みたいな役割ですね。

XMLエクスポートツールを作ったら、次に作りたいツール
・戦国史シナリオ紹介用ウェブサイト自動生成ツール(名前なっが…)
・ディテイルメーカーX(リベンジ)
・ 条件イベントエディタ

他にも、いろいろなユーザの方にも、手軽にツールを作って頂ければ嬉しいです。
インポートする手間をそこまで考えなくて良い!というのは、かなり大きいことだと思いますが、いかがでしょうか。

ある意味、簡単な戦国史シミュレータも作れるのではないでしょうか。

ただし、一度XMLの形式を固め、ツールが生まれ始めた後、その仕様をころころ変更することは厳禁です。
ちょっとした変更でも、ツールからインポート出来なくなったり、影響がどんどん広がっていきますからね。

以下のサイトは、XMLについて分かりやすく解説されております。
http://www.magiclab.net/XML_lesson.htm 

また、戦国史シナリオファイルと可逆関係でないといけません。
XMLとしてエクスポートはできて、その逆ができないとディテイルメーカー等はまず無理です。 
シナリオファイルとして出力するツールに使われる人が多いのではないでしょうか。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<sengokushi>

</sengokushi>

こんな感じで、中身を煮詰めていく感じでしょうか?

本当に終始ふわっふわしたお話でしたが、
もしXMLに詳しい方が居られれば、独自形式作成のコツや苦労話、ご教授願いたいです。

以上です。
 



at 03:31│雑談:戦国史 | ウェブサイト管理:コラムEdit

Comment



blog comments powered by Disqus