■日記:入院物語2006 記事一覧■
その後の1節 -Work Off-  2008年02月06日
高校時代の同級生 -School Mate-  2008年02月06日
本 -Book-  2008年02月03日
お見舞い品の数々 -Gift-  2008年02月03日
L申請出来るんだ -Large Size-  2008年02月02日



2008年02月06日

その後の1節 -Work Off-


これは外伝的な話です。退院して2,3ヶ月した頃。
丁度知り合いの行事の手伝いに行っていた時のこと。

どっかで見たな~って子が2人居ました。
1人は中学時代の同級生の女性というのがすぐに分かりました。

もう1人が全然思い出せない…。

ジュースを差し入れついでに、「私と以前にお会いしてません?」と聞きました。

しかし、

「いや~、ちょっと分からないです」
「毎年、このお手伝いには行っているので何かそこでお会いしたのでは?」

的な。いや…、そんなはずはないんだけどな…。もっと、そう最近の…。
そう思いながら、お手伝いに戻り、小一時間作業をしておりました。

「あっ!!」

きましたね。完全に思い出しました。
この電撃的な思い出し方は完全にアハ体験ですね。
すぐさま、先ほどの彼女のところに走り、

「私が入院していた時に実習で来られていましたよね?」

そう、私が入院中に看護実習生として来られていた人だったのです。

「ああ、あの入院していた人だ!」

と言われました。うん…、まぁそうなんだけどね。
その後、私がその場を離れた時に、その方が友人に、

「へー…、退院できたんだー…」

と話していました。看護実習生はカルテを見ることができ、
カルテには患者、親族にも言えないような内容がストレートに書いてあります。
(例えば、退院してもすぐ戻る、命はもう長くない…等)

何か、やっぱり私ってヤバイのか…?とか思いながら、
お手伝いの作業を再開。なにより思い出せた感動がその謎を包容してくれたんですね。



at 16:47|Edit

Comment

高校時代の同級生 -School Mate-


看護師の中に高校時代の同級生が居られました。
私もなーんかどっかで見たな…的に思っていたのですが、
結局分からなかったんです。

しかし、ある日

同級生「あの…、△△高校の○○君ですよね?」

と声を掛けてくれました。

私「ええ、そうですよ…?まさか、×組の□□君?」
同級生「ああ、やっぱり!」

…てな感じでした。いやはや熊本って狭いもんだ。(狭いよ)
その日以降、会う度ヤッホーと挨拶したもんです。

at 16:32|Edit

Comment
2008年02月03日

本 -Book-


時間がある時に一階の売店に足を運んでいました。

「100円パン」といって袋に一口サイズのパンが20個くらい入ったお菓子があり、
ちょっとしたブレイクタイムに食べ、糖分補給して再度パソコン…なんてしてました。

さて、その売店には本コーナーがあり、その品揃えは大体3分割できます。
1つが雑誌。1つが小説(歴史小説が多かったのがビックリ)
そしてもう1つが「生きるためのコツ」的なポジティヴ本でした。

さすが病院…とは思っていましたが、実際に何冊か買いました(笑)
そして読み耽っていると…不思議ですね、やっぱりみるみる元気になってきたり、
明日への希望が沸いてくるではありませんか!

なんというか、「騙されている!」てわけじゃなく、
改めて本から言われると説得力がある…的な解釈もあり、
はたまた、「あ~…そこはそう思えば良いのね」…的なポジティヴ変換も。

これらポジティヴ本、開運本があったから、こうして同盟再開できたかもです。

(蛇足)

新人1年目という看護師さんが同じフロアの患者さん担当だったのですが、
私が深夜一人パソコンをしていても声を掛けてくれる優しい方で、
そういった本を見ながらメモ書きしているのもご存知でした。

看護師「その本面白いですか?」
私「いやー…、勇気付けられますよ。逆境に挫けない…というか」
看護師「へえ…、まぁ早く寝てくださいね」
私「ははは…」

しかし、たまに先輩に怒られて、泣いているところも目撃しておりました。
日に日に疲れた顔になり、つらそうな一面も覗かせるようになりました。

そこで私が退院する日、そのポジティヴ本の中でも一番心に響いた一冊を
彼女にプレゼントしました。勤務日じゃなかったらしく又渡しですが…。

まだ見に行っておりませんが、元気に頑張っていらっしゃると幸いです。

(追記)

その「一冊」の著者だった「斎藤茂太」さんが先日亡くなったそうです。
惜しい人を亡くしたものです。しかしモタさんスピリットを胸に明日へ躍進します。

at 15:54|Edit

Comment

お見舞い品の数々 -Gift-


いやはや色んな方々がお見舞いに来てくれました。
その節はありがとうございます。ご迷惑をお掛け致しましたm(_ _)m

ところで何を頂いたかをピックアップしてみました。

・カップラーメン
・テレビカード(そこで買ってきたんじゃん)
・お菓子
・お花(根付いたモノでしたが^^;)

・ファッション雑誌(orz
日田天領水5リットル何かに効くらしい)

・スイカ1玉(ちなみにその場でおいしく頂きました)

世界一受けたい日本史の授業 という本

・書類(ちなみにその場で仕事させられました)

・面白いギャグの本(全ダジャレで読んでる方が恥ずかしい)
・ポケモンぬり絵(わーい)

・コショー(用途不明)

・黒ビール(ダメだろ;)
・鬼殺し という酒(ぉぃ)


・以下略

まぁ…、あえて何も言いません。
何はともあれ、気持ちはホントに嬉しかったです。大変勇気付けられました^^b

at 00:58|Edit

Comment
2008年02月02日

L申請出来るんだ -Large Size-


病院食がおいしかったです。味付けが薄いとかはなかったです。
しかし、深夜帯までパソコン(オフライン)をしているときは、
朝飯の時間に起きれないこともあり看護師さんたちを困らせることも…

調子の良いときは足りないこともしばしば。
私の間食が多いものですから、担当の看護師さんに

「Lサイズもあるので、そっちにしますか?」

と言われました。

私「え、ええ!?Lサイズとかあるんですか?」
看護師「ありますよ」

え?いいの!? 的なノリでお願いしました。
やっぱりというか、このフロアでLサイズは私だけでした。

「入院しているのに食いっぱぐれるなよ」

…と友人に言われたものです。^^;

at 23:40|Edit

Comment