■日記:遠出物語 記事一覧■
八女・佐賀遠出③  2007年10月01日
八女・佐賀遠出②  2007年10月01日
八女・佐賀遠出①  2007年09月30日



2007年10月01日

八女・佐賀遠出③


こんにちは。蛛賢です。佐賀市でまさかの大運動をしてしまいました。
汗だく+汗臭い車内で眠気と格闘しながら唐津へ向けて出発です。

道の駅では「干し柿ソフトクリーム」を頂きました。
確かに干し柿…。←全感想

唐津へ着きましたが、予定より早く着いたので、
虹ノ松原にて休息。「唐津バーガー」なるものを頂きました。
これがなかなかの美味。おいしかったです。
(「佐世保バーガー」のようにビッグサイズではないです)

続いて鏡山公園・神社へ。残念ながら晴れていませんで満足度30%。
おみくじを引きましたが「末吉」でした。
(ちなみに 大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶>大凶 なんですよ)

そろそろチェックインの時間になったので旅館へ。
夕食のイカにワクワクです。しかし、夕食までの時間も思ったよりある…。
ということで、近くにある「唐津城」へ。(今日は活動しすぎ…)







こんな感じです。何でも朝鮮出兵の時に建てられたとか。
唐津は外様の佐賀藩とは別に「譜代の唐津藩」だったわけで。
今でも唐津の人々は佐賀中心部とは別個と線引きしている人も多いそうです。
(中には「何で譜代の我々が外様に吸収合併されにゃいかんのだ」という人も居るとか)

ちなみに、唐津城には場違いとも思える今風の若い子たちを見掛け、
目を奪われているところに拳骨が飛んできたのは内緒です。

さて、城も見たことだし、後は呼子のイカを食すまでですよね(ワクワク)


at 15:30|Edit

Comment

八女・佐賀遠出②


こんばんは。9月中旬の八女・佐賀遠出の二回目です。

八女を朝早く出発し、途中で「お弁当のヒライ八女店」でうどんを食べ、
「リポビタンローヤル」を飲み、佐賀県佐賀市大和町に向けて出発。

話によれば、そこに巨石パークなる公園があるとか、
そこで一旦休息をとり、今日の宿泊地である唐津へ。

とりあえず巨石パークに着きました。
特に何もありません。「一応巨石を見に行こう」と思ったので上へ。
駐車場がありました。「ここから先は徒歩で」…なるほど。

見晴らしの良いところで寝れれば良いんだよね。私は。

…ん゛?なかなか険しい山道ですな。
これは…、寝れるのかな?





蚊が多いし、無理すぎる…。しかし凄まじい石の迫力…。

路線変更。 寝る → アドベンチャー

はあ、途中から道がないじゃないですか。
シダで覆われて「道なのか?」というところも多ければ、
一歩踏み間違えば40mは真っ逆さまと思われるところ…、怖すぎる。
そして汗ダラダラ。…何をしに行ったんだマジで。

1時間半後、どうにかこうにか巨石樹海を脱出。
メチャクチャだれてしまったので、近くの道の駅に非難。
水分補給を致した次第です。そして限りなく眠い!

こうして、久しぶりに佐賀へ向かったファーストコンタクトは、
巨石パークとは名ばかりの巨石がある原生林地帯だったのである。

(追記)
でも、楽しかったです。川もありましたし、空気もおいしかったです。
ただカップルで、幼い子供さんを連れた家族連れにはおススメしません。
なんたって、ジャングルですから。

at 01:10|Edit

Comment
2007年09月30日

八女・佐賀遠出①


こんにちは、蛛賢です。
今回は9月中旬に行きました八女・佐賀についての遠出日記その1です。
1日目は八女へ。特に理由はありません。グリーンピアという名の宿泊地へ。

そういえば行く途中に「犬尾城址」なんかありましたね。
あとは「ゆめタウン八女」でしょうか。そこで昼飯は済ませました。

グリーンピアへはそこから30分ほど山の方へ。

着くと「作られたが整備するお金は無く、滅び行く豪華設備の村」のような。
遊具・コテージ・体育館等何でもありますが、
道路の舗装は崩れ、至る所で風化・劣化が目立ちました。

しかし私にとっては余り気にすることも無く気兼ねなく過ごせました。
お風呂は勿論、着いてから1回。寝る前に1回。朝風呂1回と計3回入りました。

写真でも撮れれば良かったのですが、そんな余裕も無く。

泊まりだけグリーンピアで済ませました。
ご飯を付けると高くなりそうだったので、そこは近くの弁当屋から買ってきたもので。

さて、次の目的地は佐賀。大和巨石パークというところへ。
次回くらいは写真を撮りましょうか。まずは朝飯探しの旅へ。

at 17:54|Edit

Comment