■ツール更新履歴:RHC+ 記事一覧■
[歴史隆々]RHC+[補助ツール]  2009年12月19日



2009年12月19日

[歴史隆々]RHC+[補助ツール]


実は歴史隆々ライセンスユーザの蛛賢です。

面白いソフトですよね。元々シミュレータというものに惹かれるものがあって、
シムシティのように街が発展するのを眺めていたり、
NS2ようなネットワークシミュレータを走らせるのも好きだったりしました。

今回は歴史隆々の補助ツールをリリース致しました。
歴史隆々にはHTML出力機能というものがあります。非常に素晴らしい機能です。
ただし、実際に出力した後のHTMLファイルを載せているページを見たことがありません。

これは大変もったいないことだと思いました。
(最初からローカル閲覧前提の機能なのかも知れませんが…)

そこで、まずはこの出力されたHTMLファイルをデザインできるように
CSSに対応させることを思い立ちました。言うなれば正規表現の山です(笑

カラフルなデザインにカスタマイズすることが出来れば、
より多くの人がHTML出力してくれるのではないか。出力に楽しみを持つのではないか。

…うーん、実際のところ、需要があるのかどうなのか分かりませんが…

後は色々思い付いた機能を付け加えました。

ソフトの名は「RHC+(RekishiRyuryu HTML CSS Plus!)」です。ゴリ押しです。

・CSS対応
・Favicon対応
・武将総数追加
・各武将個別ページの再下段に「武将リストに戻る」を追加
・HTMLの校正を行い、W3CのHTML4.01テストをパス(証明バナー付)
・CSSももちろんパス(証明バナー付)

HTMLの校正もなかなか大変な作業でした。
ちなみに実際にデフォルトのCSSを適用させたサンプルページはコチラです。

変換前の状態と見比べてみて下さい。
(文字化けしている方はShift_JISで再読込して下さい)

ソフトの説明は以上です。

また、もしデフォルト以外のデザインスキンを作成したという同志様が居られれば、
是非ともご紹介させて頂きたいので、掲示板の該当スレ、またはメールにてお願い致します。

CSSを用いることで、各要素に背景画像を指定することが可能となりますので、
画像を用いたデザインも可能となるはずです。(…多分)
どうぞ、よろしくお願いします。

不撓不屈-RHC+紹介ページ

戦国史にも年表や履歴をHTML出力する機能があればと思ったり思わなかったりです。


at 04:09|Edit

Comment