■日記:大戦略WEB 記事一覧■
[大戦略WEB]トレードで資産運用  2010年06月18日
[大戦略WEB]資源地確保!都市を奪え!  2010年06月18日
[大戦略WEB]士官紹介  2010年06月17日
[大戦略WEB]保護期間最終日  2010年06月16日
[大戦略WEB]保護期間2日目  2010年06月15日



2010年06月18日

[大戦略WEB]トレードで資産運用


大戦略WEBのお話です。
小都市を2つ占拠してからというもの、
人資源が毎時1000を超えるようになりました。

しかしながら、他の資源は未だ600というところでした。

そこで、この大戦略WEBの醍醐味の一つである「トレード」
資産運用してみようではありませんか! 

他社でも、中小企業の皆さんは資源地は持てて2つくらいだと思います。 
ということは、他社の皆さんに必然的に足りていない資源もあるわけで…。
そこで、うまい具合にトレードを繰り返していけば、
人資源で、他の鉄、油、金の資源を手に入れることが出来るわけです。 

これぞ互助!決して儲けようというわけではありません。互助です。互助。 
(人と物々交換って…またひどいことを行う会社に成り果てました…)

Daisenryaku4

大体のレートを画面で確認したところ、
人・鉄・油の相互レート大体1:1のようですね。
そして輸送機1個あたり、5000まで運べるとのこと。
早速枯渇していたを5000:5000でトレードすることにしました。 

Daisenryaku4

おお、早速。
出品さえしていれば、寝てたり、放置している間にも交渉成立しますからね。
ぬるくやる方に、とっておきの資源確保レシピだと思います。

ただ、に関しては、資源地で確保できないことから、
(商業施設、及び本部からの資金供与しか得られないんですよね) 
若干レートが高めのようです。

てんたま総督の話だと、鉄10000:金6000で取引出来たりする。
…とのことでした。もしかすると、金さえあれば資源は回収できる…? 
それにしてもスケールがビッグ。

試しに、人5000:金5000で出品。 





無視されました・゚・(ノД`;)・゚・

…ということで改めて 人5000:金4200で出品。
最初は無理かと思いましたが…

Daisenryaku4

見事トレード成功!

なるほどなるほど。
資源地を獲得することで、その資源の生産能力が上がると同時に、
こういったトレードで、全体の資源獲得能力が向上するんですね。

ただ戦争ばっかりではないところが大戦略WEBの魅力ですね。 


at 17:04|Edit

Comment

[大戦略WEB]資源地確保!都市を奪え!


大戦略WEBの続きです。
士官も整ったところで、まずは初心者キャンペーンチケットで手に入れた
「武装ピックアップ」を用いて、東側に位置している都市を確保します。

このとき、発令所Lv2だったものですから、2部隊しかなく、
ちみちみではあるものの、武装ピックアップ×24の3構成=1部隊 
が、2部隊あるのみ。

占領するためには、耐久度を減らすことが重要で、
そりゃもう何往復もしないといけません。

初めて攻めた都市は耐久度は5,000でした。
誰かが、占領し、放棄した後だと思われます。無駄に固かった; 

(補足)確かに前貼った画像では、占拠されていますね。 Daisenryaku2

青い家(我が社)の右上です。テロリストの右下(赤)ですね。

武装ピックアップ1台あたり、耐久度を1減らしますから、
2部隊(24*3)で1回行くと144減らせます。
これを延々と往復20分強を繰り返すわけです。 …疲れました。

Daisenryaku4

というか、朝の準備に間に合いませんでした。帰宅後再開。

EUからの支援を受けている我が社の中で、
武将ピックアップの機動力でなおかつ、耐久度を2を減らすユニットがありました。
その兵器「TPz-1 フクス」を量産し、占領効率を上げながら、攻勢!!

Daisenryaku9

度重なる波状攻撃でついに小都市占領。 
その戦力を更にもう一つの小都市に傾けて、続けざまに占領。 

Daisenryaku2

一つの小都市あたり、人の資源が+500増えます!
いやはや、ようやく大戦略WEBの楽しさが分かってきました(?)

この調子で、資源を貯めつつ、基地を拡張し、更なる発展を目指します。 

at 05:29|Edit

Comment
2010年06月17日

[大戦略WEB]士官紹介


ちょっと間が開いてしまいましたが、大戦略WEBの近況です。
先日、資源を安定化するためシムシティしておりましたが、
よくよく考えたら、士官も一人も居ない状態でこんなことを続けていたら、
最終的に攻められたときに、無防備都市ですので何も抵抗できないわけじゃないですか。 

また、初心者キャンペーンの中にも「兵器生産」「テロ撲滅」とかあります。
それらを行うためには、士官が一人くらい居ないと…と思う次第です。

Daisenryaku3
 
建設実行によるボーナスは「武装ピックアップ」でした。 
兵器生産によるボーナスは(1個だけ生産して1つ確認したんですが)
「重武装ピックアップ」でした。これは「武装ピックアップ」に比べてかなり高性能です。 

その右にある影は、明らかに航空機です。
ワクワクしながら、テロを退治しましょう。 
(今回のブログは若干、リアルタイムから遡った内容となっております)

…というわけで、今回は我が社の士官をご紹介いたします。 
(士官が居ないと、テロとの戦い、資源地確保が出来ませんからね!)
おととい、昨日、今日とで5人雇用致しました。

まずは武官
Daisenryaku9
Daisenryaku10
Daisenryaku13
一番上のサビチェビッチ氏がエースですね。
ただ特性があんまり高くないのが玉にキズでしょうか。 
また、オシム氏以外は生産施設に駐屯してもらうことが多いです。 
バランス型のドラガン氏は今後の成長次第というところです。

レベルアップすることで特性も良くなって行くんですかね??

次に文官
Daisenryaku11
Daisenryaku12
ミルコ氏は戦闘力もそれなり、戦車の特性も高いので活躍に期待しています。
カタネッツ氏は完全に秀才肌ですね。顔からも伺えます。 
しかも 、教官Lv.1
を取得しており、軍事学校長として常駐しております。
戦車Cですので、守りの時は対空ミサイル部隊を担ってもらいましょう。

以上5名です。そんなに人事部拡張しておりませんので…^^;

ちょくちょく出てきていた基地名「ベオグラード」から分かるように、
わが社のテーマは「ユーゴスラヴィア」です。

W杯時期でもありますし、士官の名前たちを見ても彷彿とさせました。 
(一人、格闘家が混ざっておりますけどね)

さてさて、まずは建設ボーナスで頂いた「武装ピックアップ」を用いて、
経験値を獲得しながら、資源地奪取テロとの戦いに参ります! 

at 22:23|Edit

Comment
2010年06月16日

[大戦略WEB]保護期間最終日


大戦略WEBの保護期間最終日です。
明日の13時過ぎには、周辺のプレイヤーから砲火を浴びせられます。 

それまでに資源の安定生産(+500~+900)を目指していたわけですが… 

Daisenryaku4

↑こんな感じに、主要3資源(鉄、油、人)はなんとか+590となりました。

…というか、次の+755にレベルアップさせるためには、
必要な資源の内、どれか一つが6000弱も必要なんですよね。 
要するに1個上げるために資源生産約10時間必要なんですよ。 

こうなってくると、やっぱり資源を他の拠点から頂かなければなりません。
もしくは基地を作ることも視野に入れないといけませんね。
(基地に必要な資源は各10,000。…おいおい)

そういえば、昨日貼った画像ですが、早速どっかが占拠しております。
困ったなぁ。どこを狙うべきなのか。

Daisenryaku5

明日の16時に新サーバがオープンし、未開拓ワールドがスタートとなります。
新サーバ7でスタートダッシュを決めるのも面白そうですが、
てんたま提督のお話によると、既に掲示板では同盟構成員の募集があってるそうな。

どこへ行ってもイタチごっこなんですかねえ。

at 00:02|Edit

Comment
2010年06月15日

[大戦略WEB]保護期間2日目


大戦略WEBを始めて2日目です。
保護期間の3日間の間に、他社と戦える体力を作らねばならないのですが…

まだまだ資源の安定供給(全+500~+900)とまでは行かないようです。

Daisenryaku4

↑こんな感じ。基本的に「お金」が足りなくなりますね。あわわ。 
+460 ・ +460 ・ +355 ・ +358 ・ 28Rm)

そして、てんたま師匠から重要なことを伺いました。
土地は全てのユニットを建てられるように用意されていないんですね。

必要な建物不要な建物を決めて、建設を行う必要があるとのこと。 
本部に防衛施設はそこまで必要じゃないらしい…。 

しくじりましたね。やっぱりエクセルでテーブル作ったりするべきか…?

あとは周りの状況。

Daisenryaku5

ほとんど資源他の人に取られちゃってるんですね。
2万人収容のサーバ1万6千人台で新規参入したせいですな)

すぐ東と、南西部にまだ占領されていない都市部があります。 

そこを確保出来れば、少しは他社とやりあえるんじゃないでしょうか。

そんな展望を抱きながら、まずは資源生産力を上げて参る次第です。
以上! 

at 00:13|Edit

Comment