不撓不屈

戦国史同盟管理人・蛛賢(Shuken)のブログです。 サイト運営情報、技術情報、備忘録、作品公開等について投稿しています。

技術情報

IRCにインして放置して、翌朝ログを見てみると、
伝えたいことがあった方の入室ログと退室ログがあり、悔やんだ経験がありませんか。

留守電ではないですが、特定の誰かが入室してきたときに自動発言したいと思いました。
ネット上で調べてもなかなか出てこなかったですが、Limechat付属のヘルプに載ってたので、灯台下暗しと、愕然としながら備忘のため投稿します。

①LimeChat2上部の「設定」、「マクロの設定」をクリックすると以下の画面が表示されますので、
(何も登録がなければ空の状態)
「新規」で追加します。ファイル名は任意で入力してください。
登録ファイル名の並びで、マクロを使用したいサーバを右クリックして「〇」を付けます。
続けてダブルクリックすると、次の画面が表示されます。
SnapCrab_マクロの設定_2020-5-15_13-48-10_No-00
②上段の「新規」をクリックしてマクロを追加し、次の画面を表示させます。
IRCマクロ結果_20200516

③ 調べても分からなかったのが、「反応条件」の「ユーザ」のところです。
SnapCrab_マクロ項目の編集_2020-5-15_13-47-59_No-00
この「ユーザ」はニックネームではなくて、ログイン時に表示される「Shuken@123-456-789-012.japan.nnn.co.jp」のようなユーザ名+ホストのアドレスと合致するかの条件でした。

そのため、特定の誰かが入室してきた場合に反応するために、画像のような入力をしてあげてください。

あとは「コマンド」に「Join」、動作は「Send」で送信先を該当チャンネル、動作の情報に発言メッセージを記載してください。

IRCマクロ結果_20200517


以上です。お疲れさまでした。

Special Thanks 宇喜多さん
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

DokuwikiはDBを使用しないため、バックアップは全ファイルをダウンロードするだけです。

Pukiwiki(及びPlus!)もそのはずだったんですが、バックアップしたものをそのままアップロードしても、記事の画像やZipファイル等のリンクが外れてしまいました。

今回、万一に備えて、実際に全ファイルをダウンロードして、別の全く異なるWebサーバにアップロードして挙動を確認しました。

結果だけ申し上げますと、画像等も問題なく移行できました。
記事及び画像等の表示、書き込み、ログイン、設定変更、バージョンアップ、アップロード、問題なしです。

パーミッションもいじらずに動きましたが、これはたまたまでしょうか?
使用FTPソフトウェアは「FileZilla」です。

また、Wiki移行作業も佳境となってきましたので、編集権限等の設定が終わり次第、一般公開したいと思います。
これについては、今しばらくお待ちください。

ご意見ご要望ありましたらコメント、Twitter、IRC、Discordにてよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日設定したセキュリティ対策が功を奏しているのか測るため、一旦phpbbの閲覧数(views)をリセットすることとしました。
phpbbには管理画面から閲覧数をリセットする方法がないので、phpmyAdmin等で次のとおりSQL文を流します。

UPDATE XXXXX_topics set topic_views = 0

スレッド数が大したことがなければ直接テーブルの「topic_views」を書き換えても良いかもしれません。

なお、XXXXXはphpbbインストール時に設定したテーブル接頭語です。
適宜変えてください。よろしくお願いします。


◇処理前
キャプチャ







◇処理後
キャプチャ







◇参考
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Dokuwikiに対してリッチリンクを貼るとデフォルトでは次の画像が表示されますが、

dokuwiki-128








data / media / wiki フォルダの中にあるpng及びsvgファイルを書き換えると表示が変わります。
ご参考ください。

▽例


【追記:2020.5.30】
Dokuwiki本体をバージョンアップすると上書きされますので、再度編集してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前掲示板と今回掲示板共にphpbb3というフォーラムシステムを利用しています。
全世界で利用されており、非常に高機能なところも売りです。
ただし、その分、ハッカーの標的にもなりやすいようです。(現に…)
(最近ではフォーラムシステム自体の選択肢が限られてきた印象があります)

今回も設置後、次のサイトを参考にし、いろいろと設定を行いました。




しかし、早速ウクライナ等から不審なユーザ登録申請の痕跡が2個ありましたので、
認証をCaptchaから日本語の合言葉に、そして次のサイトを参考にして日本以外のIPを遮断することとしました。





確認は次の2通りで行いました。どちらも403エラーで見れないようです。




当該情報は2~3日で更新されるということですので、メンテナンスを定期的に実施する方針です。
・phpbbデータベースのバックアップ
・ユーザ登録の状況確認(不審なユーザの有無、ブロック、方針検討)
・IPアドレステーブルの更新、調整
・phpbbのバージョンアップ有無確認及び(あれば)実施検討

これ以外にも改ざん防止、監視の仕組みの導入を検討中です。
(検討中の対策方法には、有料のものもあるので、様子を見ながら…)

攻撃されることを前提で復旧をいかに簡便にできるかを重点に準備していこうという方針です…

最新情報を仕入れながら対応予定ではありますが、個人では限界もあるので、既存のサービス(Twitter、Uploader.jp等)利用しながら、細く長く運営できる方法を併せて検討します。
CardWirthは良い例だと思います。

掲示板がIP制限で見れない方がいましたら、Twitter等にて情報提供お願いします。
何か妙案ありましたらアドバイスいただければ幸いです。これからもよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ